いけだでビブリオバトル プレゼン者一覧

ビブリオバトルとは…ビブリオ(ラテン語で本)バトルは本の紹介コミュニケーションゲームです。「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています!小中高校,大学,一般企業の研修・勉強会,図書館,書店,サークル,カフェ,などで広く活用されています! 池田でビブリオバトルの会場は、素敵なカフェ 風のいろ。二か月に一度、金曜の夜に本を通していろんな話をしませんか?

いけだでビブリオバトル 1回目

プレゼン者 玉城健さん 

☆第1回チャンプ本

本の名前 「博士と狂人」

著者 サイモン・ウィンチェスター

 

言葉がつないだ2人の運命

プレゼン者 鈴木俊輔さん

本の名前

「僕はお金を使わずに生きることにした」 

著者 マーク・ボイル

 

”丸1年お金を使わずに生きた男の記録。スゴイです!”

プレゼン者 木村卓哉

本の名前 

「激走!日本アルプス大横断」 

著者 NHKスペシャル取材班

 

”NHKで放送された内容の裏話満載。人それぞれの『なぜ走るのか』を知ることができる”

 

 

プレゼン者 伊藤将人さん

本の名前

「20歳のときに知っておきたかったこと」

著者 ティナ・シーリング

 

 

”自分に許可を与える勇気が、壁を壊し新しい世界へ連れて行ってくれる”


いけだでビブリオバトル 2回目

プレゼン者 西田 隆裕さん

☆第2回チャンプ本

本の名前 四畳半神話大系   著者 森見登美彦

 

四畳半で繰り広げられる様々な物語。ビブリオバトルでは、なぜこの本が好きなのか。たくさんの本を処分した中でなぜ、この本は手元にあるのか。といった西田さんの歴史に迫るディスカッションに。また、経営されているあづみの池田ゲストハウスの話もしていただきました。

プレゼン者 林幸男さん

本の名前 駅の社会史

著者 原田勝正

”明治時代以降、文明のポイントになってきた駅。電車だけでなく、道の駅や、馬の駅など様々な駅の話に。林さんならではの、ディープな視点で駅を語ってくださいました。馬に尺と書いて駅か…”

プレゼン者 小野志織さん

本の名前

置かれた場所で咲きなさい

著者 渡辺 和子

”小野さんが迷い苦しんでいたときに出会ったというこの本
表だけでも深いのに、裏にはもっともっと深い正解が広がっているこの本に、参加者一同興味津々でした。随所に散りばめられた小野さんのエピソード、印象深かったです。”

プレゼン者 中村さん

本の名前 哲学の起源

著者 柄谷行人


”古代の地域論と現代の地域論を、この本で繋いでくださいました。
池田町は、どうするべきなのか。若者と年長者の違いって? 等、この本をキッカケに、みんなで本気になってディスカッションをしました。年齢を超えるって簡単?それとも難しい?”


いけだでビブリオバトル 3回目